蛇口交換にも水道工事会社が必要な理由

水道に使われている蛇口は、年々進化をしています。どんどんと高機能化しているため、見た目以上に便利に使えるようになりました。特別に機能を意識することはありませんが、構造も複雑であり、トラブルを起こした時の修理は難しくなっています。自分で交換や修理を行なおうとしても、以前のように単純に取り外したりすることもできません。新しく交換するともなれば、素人では難しい作業になってしまいます。

■パッキンを交換すれば直るか

蛇口にはさまざまな形状が出てきています。単純な構造になるツーレーバー水栓などであれば、水漏れしてきても、パッキンやコマを交換すれば直りました。もちろん、蛇口の耐用年数が過ぎ、各所摩耗してしまい、水漏れが止まらないこともあります。こうした状態になると、蛇口 交換をして直すことも多くありました。
ところが現在は、より高機能な蛇口が簡単に手に入るようになり、構造も複雑化してきています。接続部品が増えることによって、取り付けも難しくなり、水漏れする原因も単純に絞り込むことができません。各機器に対する知識が必要で、素人では修理したり交換したりできないレベルになってきています。

■構造が複雑化している蛇口

工具などを考えても、今の蛇口は簡単に交換はできません。モンキーレンチがあれば交換出来た時とは違い、ナットも狭いところにあったりします。径にあったスパナでなければぶつかってまわせないこともあり、一通りの工具が必要です。特殊な工具も用意しなければならず。道具を用意するだけで、費用は多くかかります。
今の蛇口は構造も複雑で、取り付ける際にも注意点がいろいろと出てきます。うまく取り付けなければ、隙間ができて水漏れすることも考えられるでしょう。取り外して分解すると元に戻らなくなることも考えられます。失敗したりする前に、専門である水道工事会社に取り付けてもらうのが一番です。

■まとめ
蛇口の修理といっても、いろいろなタイプが販売されるようになり、簡単に修理できないことも増えました。レバーもついていないセンサーで水を出したり止めたりするタイプのものもあります。こうしたセンサーともなれば、予備知識がなければ、構造の予測もつかないでしょう。消耗品がどこにあるのか、水漏れしやすい場所はどこかも判断が難しくなっています。正常に使えるようにする意味でも、知識的にもきついと思ったら、すぐに水道工事会社で修理を考えるのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ